いつまで続くの?つらい更年期・更年期障害の関節痛をサプリで対策

更年期,関節痛

 

女性の主に閉経を挟んだ前後10年間、約40代後半から50代にかけての期間は「更年期」と呼ばれています。

 

更年期に入るとイライラ・ホットフラッシュ・冷え・だるさなど体の不調を訴える女性が多く、それを更年期障害と言われている不調です。

 

症状は人によってさまざまですが、人によってはバネ指、しびれなど関節痛がでて苦しむ女性も多いです。

更年期・更年期障害の原因と症状

更年期,関節痛

 

女性はおよそ8歳から女性ホルモン(エストロゲン)が分泌され始め30代で曲線のピークを迎えます。

 

40代に入ると更年期の50代まで女性ホルモンであるエストロゲンが一気に減少するためホルモンバランスが崩れ更年期障害という体調・自律神経の不調が表れるようです。

ほてり?のぼせ?更年期障害の主な症状

更年期,関節痛

 

更年期障害の症状はとても個人差が大きいです。さらに日によって出方が違う場合もありますが代表的な症状は以下のようなものがあります。

  • 顔だけにドッっと汗をかく
  • ホットフラッシュ・のぼせ・ほてり
  • 冷え症・手足が冷たい
  • 疲れ・だるさがとれない。倦怠感
  • めまいや立ちくらみ
  • 手指のしびれ・関節痛
  • 不眠・眠りが浅い
  • 息切れ・どうき
  • 頭痛
  • イライラ
  • 不安感

個人差はありますが代表的な更年期障害の影響です。イライラや不安感など自律神経を崩し心の病いになりやすかったり頭痛・手足のしびれなど関節痛の痛みなど身体の不調が起きる場合もあります。

更年期障害は誰でもなるの?

更年期(40〜50代半ば)はもちろん誰でも通る道ですが更年期障害となると個人差が大きくなります。

 

更年期障害の症状もほとんどなく過ごせる女性もいれば頭痛・イライラ・冷え・のぼせなど複数の症状に悩む女性も多いです。

 

さらに同じ症状でも日によってばらつきがあったりなどとても不確定要素が多いのが更年期障害の特徴でもあります。

更年期障害の関節痛は何科の病院に行けばいい?

更年期,関節痛

 

関節痛だけではなく、他にも上記のような症状があり自分でも「更年期障害かな?」と思い当たる節がある場合はかかりつけの婦人科を受診することをおすすめします。

 

婦人科での検査は問診、血液検査などにより更年期障害かどうか診断できます。

 

他に更年期障害のような症状が見当たらなく、手足のしびれやバネ指、関節痛だけなどの場合は整形外科を受診してください。

更年期障害の関節痛は命の母・ルビーナなど市販薬で治せる?

更年期,関節痛

 

更年期障害の市販薬といえば小林製薬の命の母とによるタケダのルビーナが有名ですが関節痛の痛みも更年期障害の薬で治るのか調べてみました。

 

命の母

更年期,関節痛

効果・効能:更年期障害、更年期神経症、血の道症注)、のぼせ、生理不順、生理異常、生理痛、肩こり、冷え症、肌荒れ、めまい、耳鳴り、動悸、貧血、にきび、便秘、ヒステリー、帯下、産前産後、下腹腰痛、血圧異常、頭痛、頭重

血・気・水の漢方の考えを取り入れ13種類の生薬とビタミンB群、ビタミンE、カルシウム、タウリンが配合されている命の母。

 

命の母はどんな体質の方でも飲めるように婦人用漢方薬をバランスよく配合しています。

 

関節痛は直接効果効能には明記されていませんが肩こり・冷え性などに効果的です。

 

ルビーナ

更年期,関節痛

効果・効能:更年期障害の具体的な症状としては、ほてり、のぼせ、冷え症、疲労倦怠感、めまい、頭痛、不眠、どうき、むくみ、肩こり、腰痛、便秘などがあり、これらの症状によく効きます。

 

ルビーナは日本の江戸時代に生まれた漢方処方で、「四物湯(しもつとう)」と「苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)」の2つの処方を組合た「連珠飲(れんじゅいん)」という漢方処方のお薬です。

 

更年期障害でなくてもめまい、立ちくらみ、どうき、息切れなどに悩む女性も服用できます。ただ、関節痛となるとちょっと違うかなという感じですね。

更年期障害の関節痛はサプリで治る?

更年期,関節痛

 

更年期障害といってもよほど酷い症状でない場合は出来るだけ薬は飲まずに自然に治したいですよね。

 

まず更年期障害による症状で関節痛の痛みがきているのか?加齢による軟骨成分の減少によるものなのかによって飲むサプリメントが変わってきます。

 

更年期障害によって関節痛の痛みの症状があるなら高麗人参配合などの更年期サプリがおすすめです。

 

更年期,関節痛

 

>>更年期世代に人気の高麗人参サプリ

 

加齢による軟骨成分の減少による関節痛の痛みなら軟骨成分そのものが配合されているプロテオグリカン配合サプリがおすすめです。

 

更年期,関節痛

 

更年期,関節痛

更年期障害の関節痛に効果的な漢方薬

更年期,関節痛

 

様々な病気、体の不調を整えてくれる漢方薬。実際に婦人科でも

  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 加味逍遥散(かみしょうようさん)
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

の3つが更年期障害に効果があると言われよく処方されている三大婦人科用漢方薬と呼ばれています。

 

命の母やルビーナにも漢方薬を配合されていますが婦人科の更年期障害の処方では上記3つの漢方が処方されることが多いです。

更年期の関節痛を解消する方法と対策

更年期,関節痛

 

更年期障害でこのような関節痛が出てしまった時に自宅で簡単に出来る対処法・予防法を紹介します。

カルシウムを摂取する

更年期,関節痛

 

バランスのよい食事をとるということはもちろんですがカルシウムの含まれている、牛乳、チーズ、小魚などを積極的に採ることが必要です。

 

適度な運動

更年期,関節痛

 

適度な運動習慣は筋肉を維持していく努力をすることも必要です。体を支えてくれている筋肉をつけていくことで、血流もよくなっていきますから、関節痛が和らげることになります。

 

質の良い睡眠

更年期,関節痛

 

毎日しっかりと良い睡眠がとれていれば、関節痛もでにくくなります。昼間は日の光を浴びて昼夜逆転せず良い睡眠をとれるように心がけましょう。