グルコサミンにはどんな種類や関節痛サプリがあるの?

グルコサミン,種類

 

グルコサミンは本来、人体に含まれる成分で関接の動きを滑らかにする効果があります。

 

グルコサミンは関節によいとされていますが有名なのがエビ、カニなどの甲殻類に含まれるキチンを使った関節痛サプリです。

 

関節痛サプリは体内に吸収しやすく生成されています。しかし、グルコサミンは種類が一つではありません。わかりやすくおおまかに分けてみました。

グルコサミンの種類と使われている市販の関節痛サプリ

グルコサミン,種類

 

グルコサミンの種類は大きく分けて3つあります。

  • 発酵グルコサミン:植物が原料、微生物によって発酵、成分を強めたもの
  • Nアセチルグルコサミン:天然グルコサミンの一つ、摂取時の吸収力が高い
  • グルコサミン塩酸塩:サプリに使われる、カニの甲羅、エビの殻が原料

発酵グルコサミン

植物を原料として発酵させ植物由来のキチンを抽出しています。カニ・エビ由来ではないので甲殻アレルギーの方でも摂取できるグルコサミンです。

 

主にトウモロコシから抽出した原料が多いです。

関節痛サプリ:協和発酵バイオの発酵グルコサミンなど

Nアセチルグルコサミン

Nアセチルグルコサミンは天然型のグルコサミンです。牛乳などにも含まれていますが微量のため食べ物で1日の推奨目安量を摂取するのは難しいです。

 

人間の肌や関節に存在するNアセチルグルコサミンは保湿力の働きを持つヒアルロン酸の元になっている成分になります。

 

じっくりと抽出された天然型グルコサミンは他のグルコサミンに比べ吸収率が良いとされています。

関節痛サプリ:オーガランドN-アセチルグルコサミンなど

グルコサミン塩酸塩

グルコサミン塩酸塩は塩酸を用いて抽出します。カニの甲羅・エビの殻が原料で国内製造のグルコサミンサプリはほとんどがこのグルコサミンを使用しています。

 

カニ、エビが含まれるので甲殻アレルギーの方は服用できないのがデメリットです。甲殻類アレルギーがある場合、Nアセチルグルコサミン、発酵グルコサミンを井服用した方がいいですね。

 

グルコサミンは分子が小さいほど体内に吸収されると言われており、グルコサミン塩酸塩は単分子、分子が小さく、しっかり体内に吸収します。

関節痛サプリ:サントリーロコモア・ロコモプロ・ロコモワンなど

 

グルコサミンサプリを選ぶ時はまず種類を調べましょう。

 

またグルコサミンは化粧品に利用されることが増えました。他にもコラーゲン、コンドロイチン、ヒアルロン酸等が含まれたサプリもあります。グルコサミンは関節以外にもヒアルロン酸の生成に関係があります。ヒアルロン酸は女性に嬉しい、シミやシワ、肌によい成分です。自分の症状に合ったサプリを選びましょう。