グルコサミンを多く含む食べ物いろいろ

グルコサミン,食べ物

 

関節の機能を活性化する上で欠かせないグルコサミンは。サプリメントもありますがもちろんグルコサミンを多く含む食べ物もあります。

 

食事全てで必要なグルコサミンを賄うのは難しいと思いますがちょっと気に留めるだけでも普段の食事バランスもグッとよくなると思いますよ^^

グルコサミンを多く含む食べ物は?

グルコサミン,食べ物

 

グルコサミンを豊富に含む食品の代表格が、甲殻類。カニやエビなどの殻の部分に含まれるキチンは、グルコサミンの原料となる成分です。

 

とはいえカニの殻ごとなんて普通あまり食べれませんよね(;'∀')

 

グルコサミン,食べ物

 

なので丸ごと食べられる小さなカニや小エビの唐揚げなどグルコサミンを効果的に摂取することができるおすすめの食品です。

 

甲殻類の他には、きのこにもグルコサミンのもとになるキチンが含まれています。

 

グルコサミン,食べ物

 

特に、表面にぬめりが多いなめこは、グルコサミンの含有量が多い食品なので覚えておくといいですね。

 

他にも動物性の食品では、豚肉や鶏肉、フカヒレ、うなぎなど様々な食品がグルコサミンを含有しています。

 

グルコサミン,食べ物

 

おつまみなどで食べる、コリコリとした特有の食感を持つ軟骨も、グルコサミンが豊富な食品です。鶏肉の軟骨のほか、イカの軟骨、沖縄料理で使われる豚の耳・ミミガーなどが挙げられます。

 

植物性の食品では、納豆、山芋、オクラといったネバネバと粘り気のある食品からグルコサミンが摂取できます。

 

グルコサミン,食べ物

 

これらの食品に含まれているのは、プロテオグリカンと呼ばれるグルコサミン等の成分の集合体である軟骨成分そのものです。グルコサミンを摂取できる食べ物には、和食で使われる食べ物が多いのが特徴です。

 

健康効果の注目されている和食の良さを見直すことで、関節の健康を守る上で不可欠なグルコサミンを効率よく摂取できます。

 

小鉢に納豆をプラスしたり、オクラやなめこを味噌汁の具材に取り入れたり、ちょっとした心掛け次第でも摂取量が増やせますので毎日の食事にちょっとだけ取り入れたいですね。

食事だけで足りないグルコサミンはどうする?

グルコサミン,食べ物

 

食べ物に含まれているグルコサミンはわかったけど食べ物だけのグルコサミン摂取にはどうしても限界があります。

 

甲殻類のカラなんて毎日食べられませんしね(汗)

 

食べ物だけでは一度に必要なグルコサミンの摂取は難しいし、年を取ると加齢で体内での生産量自体が少なくなってしまいます。

 

ですのでグルコサミンは普段の食事にプラスアルファとしてグルコサミン・プロテオグリカンのサプリを補ってあげるのがベストです。