グルコサミンサプリに機能性表示食品はある?トクホとの違いは?

機能性表示食品,トクホ

 

最近よくスーパーなどでも見かける機能性表示食品

 

トクホと同じなのかな?と思っていたのですが少し違うようです。

 

機能性表示食品ってどんなもの?トクホとの違いグルコサミンサプリに機能性表示食品はあるの?などを調べてみました。

機能性表示食品とは?

機能性表示食品,トクホ

 

機能性表示食品とはメーカーが科学的にな根拠(エビデンス)・論文・実験に基づいた機能性を表示している食品・サプリメントのことです。

 

機能性表示食品はサプリはもちろん、生鮮食品(野菜や果物など)など幅広い食品に表示することが可能で2015年に施行したばかりでまだ新しい制度になります。

 

機能性表示食品と明記されたことで私たち消費者がこの食品のなんの成分がどんなことに身体にいいのかわかりやすくなり商品を選びやすいようになりました。

 

ちなみにトクホはパッケージに「特定保健用食品」である人間がバンザイしているマークがついていますが機能性表示食品には特にマークはなくパッケージには「機能性表示食品」と表示されています。

機能性表示食品とトクホはどう違うの?

機能性表示食品,トクホ

 

機能性表示食品とトクホは一見よく似ていますが実は全く違う制度です。

 

トクホの大きな特徴はその効果や効能を国が厳しく審査を行い消費者庁長官の許可を得た食品になります。

 

トクホの場合、人間での治験で科学的な根拠(エビデンス)を提出する義務があるので取得するのにお金も時間もかかる制度です。

 

機能性表示食品の場合は科学的な根拠(エビデンス)や論文を引用でも構わないとしています。

 

じゃあ機能性表示食品は危険?と思ってしまいがちですがそうではありません。

 

実はトクホの申請・届出の情報開示の義務付けはされていないのですが機能性表示食品にはメーカーが情報を公開することが義務付けられています。

 

機能性表示食品の届け出内容は消費者庁のHPに記載されていますよ。

栄養機能食品と機能性表示食品との違いは?

これまたとてもよく似ているような呼び名ですが栄養機能食品とはビタミンやミネラルなど不足した栄養を補うための食品で成分の機能を表示している食品です。

 

厚生労働省が定めた一定基準の成分が配合されていれば特に国への申請などはなく表示できます。

 

ただし「ダイエット出来る!」「疲れ目に」など特定の効果・効能を示すことは出来ません。

 

現在は12種類のビタミン・5種類のミネラル成分(カルシウム・マグネシウムなど)が対象になっています。

グルコサミンサプリメントで機能性表示食品はある?

グルコサミンの成分で機能性表示食品を出しているのは現在30商品以上あります。意外とあるんですねー。

 

有名なところでは

  • 株式会社エバーライフ 皇潤ひざケア
  • フジッコ株式会社 楽々てくてくグルコサミン
  • ライオン株式会社 歩むチカラ
  • サントリーウエルネス株式会社 グルコサミンアクティブ

などが有名なようです。

 

特にサントリーのグルコサミンアクティブ
機能性表示食品,トクホ
は販売累計本数2000万本の大ヒットサプリメント。

 

機能性表示食品には

本品にはグルコサミン塩酸塩、コンドロイチン硫酸、ケルセチン配糖体が含まれます。グルコサミン塩酸塩、コンドロイチン硫酸、ケルセチン配糖体の3成分の組み合わせには、移動時のひざ関節の悩みを改善することが報告されています。
としていますよ。