【膝・関節の痛み】プロテオグリカン人気サプリランキング

プロテオグリカン,サプリ

 

痛い膝の関節やふしぶしに

 

グルコサミン?コンドロイチン?

 

CMでもおなじみのサプリをいろいろ試しても効果がなかったことはありませんか?

 

私が愛用中なのはコレ!
プロテオグリカン,サプリ

 

プロテオグリカン,サプリ

【関節痛】プロテオグリカン口コミ人気サプリランキング

実は膝の痛みに本当に必要なのは軟骨を構成している成分です。

 

軟骨の構成成分そのもののプロテオグリカン、特にプロテオグリカン配合のサプリはグルコサミン・コンドロイチンでは満足できなかった人におすすめ

ロコモプロ

プロテオグリカン,サプリ

価格 お試し価格980円

本品定期購入5.940円

コスパ 1日198円
容量 お試し15日間

本品60粒入り(約1か月分)

成分 プロテオグリカン・U型コラーゲン・ヒアルロン酸

缶コーヒーなどでおなじみのダイドードリンコの関節痛サプリです。知ってるメーカーだと安心感がありますよね。

 

プロテオグリカンはもちろん、U型コラーゲン、ヒアルロン酸、筋肉成分としてイミダゾールペプチドを配合しています。

 

相乗効果で階段の上り下りも楽に出来る毎日をサポートし。国内生産・もちろん安心安全なあおもりPGブランドです。
プロテオグリカン,サプリ

ロコモエース

プロテオグリカン,サプリ

 

グルコサミン・コンドロイチン・色々試して方の乗換えが多いロコモエース。その人気の秘密はコスパのよさと水なしで飲めるチュアブルタイプ。

 

もちろんプロテオグリカン・U型コラーゲン・ヒアルロン酸もばっちり配合されています。

価格 1,980円
コスパ 1日130円
容量 90粒入り(約1か月分)
成分 プロテオグリカン・U型コラーゲン・ヒアルロン酸

プロテオグリカン,サプリ

北国の恵み

プロテオグリカン,サプリ

価格 モニター価格480円

本品定期購入4,980円

コスパ 1日166円
容量 モニター用10日間

本品90粒入り(約1か月分)

成分 プロテオグリカン・U型コラーゲン・ヒアルロン酸

軟骨成分の約90%が含まれている北国の恵み。プロテオグリカンの形が壊れていない高品質の状態で配合されています。

 

480円でお試しできるのも今だけ!
プロテオグリカン,サプリ

【大正製薬】大正グルコサミンパワープラス

プロテオグリカン,サプリ

定価 5,000円
定期 初回価格980円

2回目以降定期購入4.500円

コスパ 1日150円
容量

本品30袋入り(約1か月分)

成分 グルコサミン・コンドロイチン・U型コラーゲン・必須アミノ酸

 

大手製薬会社から販売されているから安心感が違います。軟骨成分にはサメ由来と鶏由来の2種類の軟骨成分を配合

 

筋肉成分アンセリン・必須アミノ酸などたっぷり。

 

今だけ初回980円でお試しできます
プロテオグリカン,サプリ

ステラ漢方のグルコサミン

プロテオグリカン,サプリ

価格 特別キャンペーン価格980円

2回目以降定期購入3,172円

コスパ 1日105円
容量

本品90粒入り(約1か月分)

成分 N-アセチルグルコサミン・プロテオグリカン・オオイタドリ・トゲドコロ

通常のグルコサミンの約3倍も体の中で働いてくれるN-アセチルグルコサミンを配合。伝統あるハーブ「オオイタドリ」や滋養強壮でお馴染みの山芋も配合。

 

プロテオグリカンももちろん配合しています。
プロテオグリカン,サプリ

【膝・関節の痛み】本当に必要な成分は?

プロテオグリカン,サプリ

 

膝やふしぶしの関節の痛みにグルコサミンやコンドロイチンサプリを飲んでたけど効果がなかった。やっぱりサプリメントは気の持ちよう?いえいえ

 

実は身体に必要だったのはズバリ

 

軟骨の構成成分です!

 

身体にある軟骨の構成成分は
プロテオグリカン,サプリ

軟骨の構成成分

水分 60〜80%
プロテオグリカン 3〜5%
U型コラーゲン 15〜20%
ヒアルロン酸 1%

 

上記の4成分から構成されています。つまりプロテオグリカンなど軟骨そのものの構成成分を摂取すれば身体の必要な場所に効率よく届けることが出来るんです。

軟骨の構成成分そのものプロテオグリカンを配合したロコモプロ

プロテオグリカン,サプリ

 

ロコモプロに配合されているのは軟骨の構成成分そのものである

・プロテオグリカン
・U型コラーゲン
・ヒアルロン酸

を配合。年々減っていってしまう軟骨成分(プロテオグリカン、U型コラーゲン、ヒアルロン酸)をそのまま効率よく摂取することが可能です。

グルコサミンとコンドロイチンが配合されていない??

プロテオグリカン,サプリ

 

ロコモプロには関節痛サプリでおなじみのグルコサミンとコンドロイチンは配合されていません。

 

それはグルコサミンとコンドロイチンというのはプロテオグリカンやU型コラーゲンを構成する中の一つの部品にしかすぎないから。

 

プロテオグリカン,サプリ

 

部品を一つだけ持っているよりプロテオグリカンなど構成成分そのものを摂取した方がずっと効率がいいというわけなんですね。

 

プロテオグリカン,サプリ

 

プロテオグリカン,サプリ

グルコサミン?プロテオグリカン?関節痛サプリはどれを選べばいいの?

プロテオグリカン,サプリ

 

年齢とともに、体の各部分の機能が衰えてくるのは避けられないものですよね(´・_・`)

 

中でも、関節痛、そして痛みはなくとも関節の動きに支障が出てくるのはグルコサミンを含むプロテオグリカンが不足していることが原因となるケースが非常に多いとされています。しかし、関節の健康をサポートする軟骨成分は、今はサプリメントで簡単に摂取することが可能です。

効果的な関節痛サプリの選び方

まず、関節痛サプリといえば♪ぐるぐるぐるぐるグルコサミン〜♪と某CMでもお馴染のグルコサミンサプリ

 

グルコサミンは糖の一種ですが、そのグルコサミン自体にもいくつかの種類があります。

  • グルコサミン硫酸塩
  • グルコサミン塩酸塩
  • 発酵グルコサミン
  • Nアセチルグルコサミン

主な種類は4種類。それぞれに特徴がありますが、摂取するという視点で優劣をつけるのであれば、「Nアセチルグルコサミン」が最も有用といえるでしょう。

 

Nアセチルグルコサミンは4つの中で一番、群を抜いて分子量が小さいため体内にきちんと取り込まれる割合が大変高いグルコサミンです。ただ、「Nアセチルグルコサミン」を含む商品は、効果が期待出来る反面、少し値が張るので予算がある方向けになります。

 

コストパフォーマンスという点では、効果の面で次点となる「グルコサミン塩酸塩」が優れています。また、毎日の適量の摂取により効果を得るためのものですから、商品を選ぶ際には含有量にも注目したいです。

 

グルコサミンの一日の摂取推奨量は1000mgから1500mg。

 

その量をしっかりと摂取できることに加え、同時に摂取すると効果的な「コンドロイチン」も含まれているものがベストです。

 

ですが最近では軟骨成分そのものの成分が配合されているプロテオグリカンのサプリが人気。プロテオグリカンサプリなら軟骨そのものの構成成分なので直に体の必要な部位に届けることが可能です。

 

今までは抽出することが困難で高価だったプロテオグリカンですが技術の進歩によりかなりお求めやすい価格でサプリが販売されるようになりました。

 

プロテオグリカン,サプリ
※プロテオグリカンは鮭の鼻軟骨から精製されています。

 

効率よく必要な成分を摂取したいなら断然プロテオグリカンが配合されているサプリがおすすめです。

 

さらに国内生産であったり、原材料の産地が明示されているものであれば安心して利用できますね。

グルコサミン?コンドロイチン?関節痛サプリの選び方まとめ

プロテオグリカン,サプリ

 

・グルコサミンより軟骨成分そのもののプロテオグリカン配合がおすすめ
・国内生産
・原材料の産地がはっきりわかる
・1日のコスパが安い

以上の点を踏まえて、ご自身に合った関節痛サプリを選びましょう。

関節痛の主な症状って?

プロテオグリカン,サプリ

 

関節痛を感じる箇所は多くの場合、だと言われます。

 

それは体重を支えているため負担が重く、軟骨が磨り減りやすいためです。関節痛の主な症状を見ていくと「なんだかいつもとは違うな」というような、ちょっとした違和感から始まります。

 

最初は「痛い」と感じるより、こういった違和感を感じる人が多いようです。この段階では何か変だと感じるだけなので、普通に歩いても痛みは伴わない場合が多いものです。

 

ところがしばらくすると徐々に痛みを感じるようになってきます。この段階では最初は動かしたときだけ痛いという状態ですが、これが悪化してくるとじっとしていてもズキズキした痛みを感じるようになります。そして放置しておくと、さらに悪化して激痛を感じるようになってしまいます。

 

プロテオグリカン,サプリ

 

このような関節痛の痛みの主な原因は加齢による軟骨の磨り減りだと言われます。

 

症状を感じやすいのは膝ですが、それ以外でも股関節や足首、肩や肘などに関節痛を感じることもあります。これらの箇所も膝と同じように最初は違和感程度ですが、それを放っておくと悪化してきて徐々に痛みを感じるようになっていきます。

 

私は20年以上前、30歳を過ぎてから子供を出産したのですがそれ以降、腰の痛みから始まり肩、膝の痛みが年々酷くなっています。

 

このように関節痛は違和感から始まり、徐々に痛みが強くなっていくのが主な症状ですが、症状を悪化させないためには「少し違和感を感じるな」というサインを見逃さないことが大切です。

 

この段階で毎日の栄養補助や軽い運動など何らかの処置をするとその後の悪化を防ぐことが出来るのではないかと思っています。